過去の大会と年報タイトル

過去の学会大会と年報タイトル一覧

月日 場所 会場 共通課題/テーマセッション 村研年報
(書名のない場合には,前年共通課題名)
シリーズ名
1 1953 10月12日 宮城県仙台市 東北大学農学研究所講堂 農地改革と村落構造   村落社会研究会年報(時潮社刊)
2 1954 10月18日 東京都文京区 東京教育大学文学部 農地改革と農民運動 Ⅰ.村落研究の成果と課題
3 1955 10月18日 大阪府大阪市 毎日新聞大阪本社講堂 農家人口の変動と家族の構造 Ⅱ.農地改革と農民運動
4 1956 10月25日 東京都 毎日新聞東京本社講堂 農家人口の変動と家族の構造 Ⅲ.村落共同体の構造分析
5 1957 11月23~24日 東京都文京区 東京大学法文経20号館 戦後農村の変貌 Ⅳ.農村過剰人口の存在形態
6 1958 10月7~8日 宮城県玉造郡鳴子町 鳴子温泉農民の家 村落共同体 Ⅴ.戦後農村の変貌
7 1959 10月19~20日 東京都文京区本郷 学士会館 政治体制と村落 Ⅵ.村落共同体論の展開
8 1960 11月3~4日 愛知県蒲郡 蒲郡温泉蒲郡荘 政治体制と村落-政治と農民- Ⅶ.政治体制と村落
9 1961 11月18~19日 静岡県御殿場市 国立中央青年の家 農政と農民の組織化 Ⅷ.農政の方向と村落社会
10 1962 10月31~11月1日 宮城県作並 作並温泉河合ホテル 農民組織の存在形態  
11 1963 10月15~16日 兵庫県神戸市須磨区 神戸市国民宿舎須磨荘 都市との関連における村落の変動 Ⅸ.農民層分解と農民組織
12 1964 9月23~24日 神奈川県箱根町 強羅静雲荘 「むら」の解体  
13 1965 10月5~6日 静岡県身延町 身延山 「むら」の解体 第一集 (村の解体) 村落社会研究(塙書房刊、書名なし)
14 1966 10月19~20日 神奈川県箱根町 青風荘(国家公務員共済) 村落における権力構造の変化-村の解体と再編成- 第二集 (共通課題について明示しない)
15 1967 10月5~6日 愛知県 愛知大学・伊良子岬休暇村 村落構造の変化に対する推進力 第三集 (共通課題について明示しない)
16 1968 10月23~24日 神奈川県鎌倉市 若宮荘(国家公務員共済) 村落社会の変化に対する推進力 第四集 (共通課題について明示しない)
17 1969 10月1~2日 兵庫県多紀郡篠山町 国民宿舎篠山荘 村落社会の変動 第五集 (「村落社会変化推進力」討論総括あり)
18 1970 10月28~29日 山形県天童市 旅館新庄館 村落社会研究の方法 第六集 (村落社会の変動)
19 1971 10月13~14日 京都府乙訓郡長岡町 光明寺信徒会館 村落社会研究の方法 第七集 (村落社会研究の方法)
20 1972 10月11~12日 千葉県鴨川市 国民宿舎望洋荘 日本社会における村落と都市 第八集 (村落社会研究の方法)
21 1973 10月30~31日 三重県志摩郡浜島町 合歓の郷 現段階における都市と農村の対立の諸形態 第九集 (日本社会における村落と都市)
22 1974 10月12~13日 宮城県蔵王町 遠刈田温泉 日本資本主義と家 第十集 (現段階における都市と農村の対立の諸形態)
23 1975 10月8~9日 石川県能美郡辰口町 金沢大学辰口共同研修施設 日本資本主義と家 第十一集 (日本資本主義と家) 村落社会研究(お茶の水書房刊、二〇集以降書名復活)
24 1976 10月14~16日 島根県鹿足郡津和野町 町営国民宿舎青野山荘 村落生活の変化と現状-農民にとっての生活破壊とは何か- 第十二集 (日本資本主義と家)
25 1977 10月15~16日 福岡県柳川市 県立県南婦人センター 村落生活の変化と現状-その主体的再編成をめぐって- 第十三集 (村落生活の変化と現状 ―農民にとっての生活破壊とは何か―)
26 1978 10月25~26日 山梨県河口湖町 富士桜荘 農村自治-史的展開と現状- 第十四集 (村落生活の変化と現状 ―その主体的再編成をめぐって―)
27 1979 10月1~2日 北海道加東郡上士幌町 糠平温泉ホテルニュー琴月 農村自治-その制度と主体- 第十五集 (農村自治―史的展開と現状―)
28 1980 10月3~4日 奈良県桜井市多武峰 多武峰観光ホテル 農村自治-その構造と論理- 第十六集 (農村自治―その制度と主体―)
29 1981 10月13~14日 栃木県日光市菖蒲ヶ浜 幸の湖荘地方公民共済 農村計画-農村自治の課題の展開として- 第十七集 (農村自治―構造と論理)
30 1982 10月17~18日 宮城県仙台市 茂庭荘仙台市勤労者保養所 村落の変貌と村落社会研究-30年の歩みをふりかえって- 第十八集 (農村自治)
31 1983 10月12~13日 茨城県久慈郡大子町 ホテル奥久慈 農政と村落 第十九集 (村落の変貌と社会研究 ―三〇年の歩みをふりかえって―)
32 1984 10月10~11日 兵庫県赤穂市 赤穂簡易保険保養センター 農政と村落 第二十集  共通課題・農政と村落
33 1985 10月31~11月1日 愛知県額田郡 三河ハイツ 土地利用秩序と村落の土地管理機能 第二十一集 共通課題・農政と村落
34 1986 11月20~21日 島根県八束郡玉湯町 玉造温泉ホテル玉泉 土地と村落-村落の変貌と土地利用秩序- 第二十二集 共通課題・土地と村落 Ⅰ
35 1987 10月5~6日 山形県鶴岡市 いこいの村庄内 土地と村落-戦後土地所有の変化と地域農業- 第二十三集 共通課題・土地と村落 Ⅱ
36 1988 10月6~7日 神奈川県大井町 いこいの村足柄 農村社会編成の論理と展開-転換期における家と村落- 24・ 村落の変貌と土地利用形態―土地と村落Ⅲ― 年報・村落社会研究(農山漁村文化協会刊)
37 1989 10月18~19日 岐阜県大野郡白川村 白川村萩町公民館 農村社会編成の論理と展開-転換期の家と農業経営- 25・ 現代農村の家と村落 農村社会編成の論理と展開―I
38 1990 10月10~11日 高知県幡多郡十和村 十川小中学校体育館 農村社会編成の論理と展開 26・ 現代農村の家と農業経営 農村社会編成の論理と展開―Ⅱ
39 1991 10月10~11日 長野県木曽郡楢川町 楢川村福祉会館 日本農業・農村研究の課題を求めて-家族経営危機の国際比較:環境問題・農業危機・集落機能の接点としての家族経営危機- 27・転換期農村の主体形成 農村社会編成の論理と展開―Ⅲ
40 1992 10月29~30日 熊本県牛深市(天草) 総合センター 日本農業・農村研究の課題を求めて-家族経営危機の国際比較:環境問題・農業危機・集落機能の接点としての家族経営危機- 28・家族農業経営の危機  その国際比較
41 1993 10月3~5日 北海道網走郡女満別町 湖南荘 村研40年-これからの課題 29・家族農業経営の危機 その日韓比較
42 1994 11月2~3日 愛知県南知多町 レシーア南知多 農業と女性-労働と意識の変化をめぐって- 30・家族農業経営の変革と継承
43 1995 11月18~19日 京都府亀岡町 京都レクリエーションセンター亀岡ハイツ 村落研究と環境問題に関わる課題発掘 31・家族農業経営における女性の自立
44 1996 10月24~26日 山形県南陽市 ハイジアパーク南陽 有機農業運動の可能性と課題-農村の再生、都市との連携- 32・川・池・湖・海 自然の再生 21世紀の視点
45 1997 10月23~25日 新潟県中魚沼郡津南町 グリーンピア津南 現代日本の山村再生問題-21世紀への課題と展望をめぐって- 33・有機農業運動の展開と地域
46 1998 10月23~25日 埼玉県比企郡嵐山町 国立婦人教育会館 農村の高齢化と地域福祉 34・山村再生 21世紀への課題と展望
47 1999 10月16~17日 東京都文京区 東洋大学 日本農村の20世紀システム-現代社会経済理論による農村研究の再発見- 35・高齢化の時代を拓く農村福祉
48 2000 11月8~9日 愛媛県明浜町 中央公民館 日本農業・農村の史的展開と転機に立つ農政-第二次大戦後を中心に- 36・日本農村の「20世紀システム」 生産力主義を超えて
49 2001 11月9~11日 静岡県引佐郡三ヶ日町 浜名湖三ヶ日簡易保険センター いま改めて日本農村の構造転換を問う-1980年代以降を中心として- 37・日本農業・農村の史的展開と農政 第二次大戦後を中心に
50 2002 10月11~13日 岩手県遠野市 あえりあ遠野 21世紀村落研究の視点 38・日本農村の構造転換を問う 一九八〇年代以降を中心として
51 2003 10月9~11日 北海道栗山町 カルチャープラザEki 21世紀東アジア農村の兼業化とその持続性への展望 39・ 21世紀村落研究の視点 村研 50周年記念
52 2004 11月13~14日 茨城県鹿島郡旭村 いこいの村涸沼 消費される農村-現代農村研究における方法論的フロンティア- 40・東アジア農村の兼業化  その持続性への展望
53 2005 11月11~13日 山梨県笛吹市石和 石和温泉ホテル糸柳 地域における教育と農 41・消費される農村 ポスト生産主義下の「新たな農村問題」
54 2006 11月3~5日 愛知県北設楽郡東栄町 東栄グリーンハウス 日本農村におけるグリーンツーリズムの展開 42・地域における教育と農
55 2007 11月30日~12月2日 鹿児島県南大隅町 南大隅町中央公民館 日本における近世村落の共同性を再考する 43・グリーン・ツーリズムの新展開
56 2008 10月31日~11月2日 新潟県佐渡市 佐渡島開発総合センター 集落の再生に向けて 44・近世村落社会の共同性を再考する
57 2009 10月30日~11月1日 京都府綾部市 ホテル広子園 文化としての鳥獣被害-心意と政策をむすぶもの 45・集落再生-農山村・離島の実情と対策
58 2010 11月19日~21日 長野県上田市別所温泉 別所観光ホテル 都市の中のむら 46・鳥獣被害―〈むらの文化〉からのアプローチ
59 2011 10月28日~30日 熊本県小国町 学びやの里「木魂館」 農村社会を組みかえる―ジェンダー関係の視点から― 47・都市資源の<むら>的利用と共同管理
60 2012 10月26日?28日 鳥取県智頭町 智頭町旧山郷小学校 平成の市町村合併と農山漁村 48・農村社会を組みかえる女性たち―ジェンダー関係の変革に向けて―
61 2013 11月1日~3日 福井県越前市 越前市生涯学習センター 他 村の再編 49・検証・平成の大合併と農山村
62 2014 10月31日~11月2日 岩手県宮古市 グリーンピア三陸みやこ 災害を処遇する家と村 50・市町村合併と村の再編―その歴史的変化と連続性
63 2015 11月6日~8日 岐阜県郡上市 和良町民センター 現代社会は「山」との関係をどう取り戻すことができるのか 51・災害と村落
64 2016 11月4日~6日 山口県萩市 萩セミナーハウス 他 日本農山村における〝協働”型集落活動の可能性 52・現代社会は「山」との関係をどう取り戻すことができるのか
65 2017 11月10日~12日 静岡県浜松市天竜区 春野山の村 他 イエの継承・ムラの存続―歴史的変化と連続性・創造― 53・協働型集落活動の現状と展望
66 2018 10月26日~28日 宮崎県西臼杵郡高千穂町 高千穂町役場 他 小農の復権:日本農業のイメージを解放する 54・イエの継承・ムラの存続―歴史的変化と連続性・創造―
67 2019 11月8日~10日 宮城県仙台市 茂庭荘 人の移動からみた農山漁村―村落研究の新たな地平を目指して 55・小農の復権
68 2020  11月21日~22日  オンライン開催   日本農村社会の行方 56・人の移動からみた農山漁村  
 69 2021   11月6日~7日  オンライン開催   生活研究の射程——生活の視点から現代のムラを捉える 57・日本農村社会の行方  
70  2022   11月18日~19日  東京都千代田区  明治大学駿河台キャンパス アクションリサーチという問い 58・生活者の視点から捉える現代農村