村研ジャーナルについて(最新号と過去のジャーナル)

icon3newgreen.gif ジャーナル第59号が刊行されました(2024.4.21更新)

2023年11月に村研ジャーナル59号が刊行されました。目次は以下の通りです。

【特集】東アジア地方社会にみる人口移動と親族文化の変容
導入:比較の軸を日本の外から考える 前野清太朗
親族共住と地方的立地―台湾農村における「空き家屋群」 前野清太朗
台湾雲林県北港地域における親族墓建立 鈴木洋平
韓国・済州島における「家族共同墓地」が示すもの 髙村竜平
コメント:農村/地方研究は何を比較するのか、比較によって何をするのか 北島義和
コメント:マテリアリティから捉え直す祭祀・親族・村落 越智郁乃
まとめにかえて 髙村竜平

【村研年報合評】藤井和佐編・日本村落研究学会企画『日本農村社会の行方――〈都市-農村〉を問い直す』(『年報 村落社会研究』第57集 農山漁村文化協会、2021年11月)
〈都市-農村〉の問い直しから生活と地域の担い手の問い直しへ 越智正樹
農村の「都市化」、都市の「農村化」のはざまで 小口広太
日本社会分析の基軸としての農村研究 足立重和

【研究会】
大野晃先生講演会 私の「山村調査」から学んだ一端を! 大野晃

【書評】
大野恵理著『「外国人嫁」の国際社会学 −「定住」概念を問い直す」 坂梨健太
小谷(三浦)典子著『内藤莞爾の社会学――九州大学文学部社会学研究室の窓から』 松本貴文
小田切徳美編著『新しい地域をつくる 持続的農村発展論』 片倉和人
平井太郎著『話し合いが変わる 地域でアクションリサーチ』細川甚孝
三須田善暢著『農村の組織化と営農志向 長期不況下の庄内農村研究(1)ー』 小内純子

 


 

過去のジャーナル

 

下記いずれかをご利用ください(外部サイト)。
 出版社サイト(日本語)(最新の情報)
 J-STAGE(日本語、英語)(ダウンロード可)